立教新座高校ラグビー部OB会
トップ > 活動報告 中学生の部 > 2020年活動報告
活動報告

第26回熊谷市長杯ラグビー7人制大会

2020・01・13

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【2年生の部】立教A3位、立教B初戦敗退

2020年のラグビートップリーグが全国各地の会場で大勢のラグビーファンを集めて開幕した翌日、熊谷スポーツ文化公園多目的広場で、熊谷市長杯ラグビー7人制大会が開催されました。

この大会は、1チーム7人、グラウンドは通常の半分、試合時間は5分×2のランニングタイム、スクラム・ラインアウト・キックなしの特別ルールで実施されます。
2年生の部と1年生の部がありますが、今年の立教新座中は、1年生が少ないため、2年生の部に2チームエントリーして、2年生と1年生の混合チームで戦いました。

立教Bは、城西川越中学校と深谷市立明戸中学校の合同チームと対戦
個々のタックルで相手を止めることはできていましたが、味方と声を掛け合いながら連携して守ることは不十分で、外側に空いたスペースを攻められるなどして、5対20で敗れてしまいました。
その後、交流戦を2試合戦いました。アタックは、前に前に出ようと意識していましたが、不利な状況でパスをしてハンドリングエラーになったり、フェーズを重ねるごとにサポートが遅れたりし、ターンオーバーされる場面が何度もありました。
ディフェンスと同様、声を掛け合いながら情報を伝えあい、状況に応じたプレイを選択することができるようになってほしいと思います。

立教Aは、深谷市立深谷中学校と対戦
ダブルタックルをしつこく繰り返し、ターンオーバーに成功すると、そのままトライに結び付け、30対0で快勝しました。
準決勝は、熊谷市立奈良中学校との対戦
動きにキレのある相手スタンドオフに翻弄されて計4トライを奪われ、10対20で敗れてしまいました。
3位決定戦は、熊谷市立吉岡中学校と対戦
初戦と同様、ダブルタックルを繰り返し、25対0で快勝しました。

準決勝のように相手に先制されて追いかける試合展開では、トライや反則によってレフリーの笛が鳴ってから、
チーム全員が相手よりも早く準備して次のプレイを始める必要があります。

関東大会予選に向けて、勝ちたいと強く思う熱い気持ちと、次の展開を予測する冷静な判断力と、最後まで走り切るスタミナを高めてほしいと思います。

▲ページのトップに戻る